こまどりん

マイペースがたまにキズ。

「ワカタケル」

日本経済新聞の広告で見かけ、なっ、なんなのこの可愛いくてかっこよい絵は!となりすぐ購入した本。

 

f:id:nicoole:20210224213752j:image

装丁・鴻池朋子『Feathers and Tails』とある。羽根と尾?でいいのかな、素敵…

私は絵にココロを鷲掴みにされて本を買う事がちょくちょくある。ところで絵と画はどう使い分けるのが正しいんだろう。

時は5世紀、言葉は鳥や獣、草木たちにも通じていた。歯向かう豪族たちや魑魅魍魎を力でねじふせ、國を束ねるワカタケル大王(雄略天皇)

帯を読んだだけでワクワクしてくる!

というか本当にこんな大昔から天皇って実在したの本当にほんと?!5世紀がどれほど大昔なのかもさっぱり知らないのでもう想像もつかない。

天皇陛下のお家ってすっごいんだな!という小学生ぽい感嘆がでてしまった。何はともあれ読もう!

 

あれっぽい耳

国道沿いに住んでいるので、何かといつも騒々しい。あと1分で23時になるな〜もう寝ないとと思っていたなう、今、パトカーのサイレンが鳴り出す瞬間に(寝ながら)立ち会った。夜の空気にウィィ〜ンとエコーが響いて流れてまた静かになった。夜中にまたふくらはぎがつりそうな気配がビンビンしている。湿布を取りに起きたらすぐつりそうな気もするので、嫌だなと思いつつ、うっちゃって寝る事にする。

 

犬の耳が風にあおられる姿がとても好きだ、ツインテールみたいにキュっと二つある。うちの犬はオスだけど女の子顔だ。

 

f:id:nicoole:20210217230858j:image

 

この耳の形はあれに似てるなと、でも名前がわからない。平安時代、兵士、髪、で調べたら出た「おいかけ」というんだ、へぇ〜。画像に百人一首があり、懐かしくてものすごくまた百人一首を見たくなった。昔は家にあって坊主めくりをしたなあ。図書館に行ったら本で探そう。

郵便はまだ届かないが、楽しみだと叔母は喜んでくれた。どうか無事届いてください。足がふわふわしてるなと思いながら寝る。